性感染症と言う恐ろしい病気

不妊症は、子供ができにくい体質または、妊娠しても流産してしまうといった事を主に示しますが、それは体質だけが原因ではありません。

クラミジアの感染に気付かずに放置してしまうと、不妊症の原因になる可能性があります。

性器クラミジア感染症は放置すると、難治性卵管通過障害という症状を引き起こす原因となり不妊症になってしまいます。

なぜこういった症状に発展してしまうかといいますと、感染してしまい放置すると、クラミジアは増殖し続けます。

膣内感染でも、子宮頸管内を通り骨盤内に侵入してしまい、骨盤内感染症という症状を引き起こしてしまいます。

この結果、クラミジアの死がいが卵管に詰まってしまい、卵子が思うように運べなくなり卵管水症になり、結果的に難治性卵管通過障害を引き起こしてしまいます。

卵管水症は、卵管水腫ともいわれ、自然妊娠に大きく関係してきます。

卵管の役目は、卵巣から卵子を運ぶ役割をしており、クラミジア感染による卵管障害(卵管内の繊毛ヒダの欠落の事)のせいで運搬しにくくなってしまったり、その上クラミジアの死がいのせいで卵管が狭くなってしまいます。

また卵管が詰まると卵子を運ぶどころか、卵管液が溜まり卵管が使用できなくなり、自然妊娠は、あきらめるしかありません。

卵管自体再生のできない組織のため一度壊れてしまうと、有効的な治療は無く自然妊娠を求める女性には、致命的な症状といえます。