半分以上の方々が気付かずに生活

男性の場合、多く診られる部位は性器です。

特に尿道に感染するケースが多いため、女性よりは比較的感染に気づきやすいです。

その症状は、尿道のかゆみや違和感また少量の膿が出る事があります。

この症状の場合、よく注意していないと気づきにくいので気を付けてください。

またクラミジア尿道感染による、炎症を起こした場合は、排尿する際にはっきりとした痛みがあるので、上記の症状よりわかりやすいです。

人により痛みの表現の仕方は異なりますが、多く聞く痛みは、擦り傷などがしみるような感じと言われています。

また炎症を起こす箇所はほかにもあり、精巣上体炎(副睾丸炎)いわれ精巣上体が腫れるといった症状が出てきます。

怖いのはそれだけではありません。

放置してしまうと、前立腺炎といった病気に繋がる事があるので、感染が分かった場合には、早めに治療する事が大事です。

女性の場合も性器を中心に、感染しますが最近では、増加傾向にあるのが咽頭(のど)に感染するケースが見られます。

また女性の場合、症状がわかりにくく感染に気付かない恐れがあるので注意しましょう。

女性の場合は、特に注意してみないといけないのは、おりものの量です。

この量の変化は、微量のためこまめにチェックしておかなければなりません。

そのほかに挙げられる症状といえば、不正出血がよくみられます。

この場合も生理不順だろうという事で見逃す場合が多いです。

また下腹部の痛みや、性交渉の際の痛みなどが挙げられますが、どの症状も感染者の半分以上の女性が全く気付かずに生活しているケースが多いです。

日頃の感染予防はもちろんの事ですが、特定のパートナーを作る事が良いでしょう。

それでも不安な場合は、定期的に検査をする事をお勧めします。

男性女性に多く挙げられる感染原因は、風俗店が関係して感染するケースです。

風俗店で働く女性は、毎日不特定多数の男性と性交渉を行うため性病に感染している恐れがあります。

特にクラミジアといった性病は、女性は気づきにくく本人でさえ自覚していない場合があり、そのために知らず知らずのうちに感染を広めてしまうのです。

また風俗店以外でも感染の恐れはあります。

性交渉の際に、コンドームを着用せずに性行為に至った場合にも、相手が感染していれば1回のセックスでも感染してしまうという事を、頭に入れておいてください。

コンドームを付ければ感染しないと思っているかもしれませんが、男性の場合クラミジアは、フェラチオなどのオーラルセックスでも感染します。